送金フィンテック40億円調達(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2016年5月8日9:00

米国の送金フィンテックが3,850万ドルを調達した。シアトルに本拠を構えるレミリー(Remitly)である。

 

今回はシリーズCファンディングラウンド。ストライプス(Stripes Group)がリードし、新規のバルカン(Vulcan Capital)や既存投資家も参加した。

 

調達した資金は国際展開に使う。レミトリーは米国に次いで、カナダの移民へのサービスをスタートした。

 

カナダには740万人の移民がいるが、海外送金市場は年間230億ドルになる。大口はインドで、カナダからの送金額は29億ドル、つづいてフィリピンへは21億ドルとなっている。

 

レミトリーの特色はサードパーティに依存せず、独自の送金ネットワークを構築している点である。モバイルで送金でき、利用料も安い。

 

レミトリーの取扱高は10億ドルを超え、2016年第1四半期の前年同期比成長率は400%と急伸している。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop