テンセントがアリババとバトル(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2016年5月9日9:00

中国のチャットアプリWeChatを傘下にもつテンセント(Tencent Holdings Ltd.)は、シンジケートローンで20億ドルを調達した。金融ビジネスを拡大し、M&Aを加速するためである。

 

テンセントはアリババと激しい競争を繰り広げている。アリババが30億ドルを調達したのをみて、今回20億ドルを調達した。

 

テンセントは2015年11月にシンジケートローンで15億ドルを調達。テンセントが支援するオンディマンドのMeituan-Dianpingは2016年初頭に33億ドルを調達している。

 

テンセントの出資銀行ウィバンク(WeBank)は、2015年ウィーチャット利用者向けに少額融資をスタート。アリババグループの金融会社アントフィナンシャルへ宣戦布告した。

 

今回のシンジケートローンには、ANZやシティグループ、中國銀行(Bank Of China)、日本からはみずほ銀行も参加している。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop