ヘルスケアフィンテックが20億円調達(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2016年5月10日9:00

グーグルグラスは死んだ。グラス型ウェアラブルは使えない。と思い込んでいた人は、考えを改めなければならないだろう。

 

医療分野でグーグルグラスが成果を上げている。サンフランシスコのフィンテック、オーギュメディクス(Augmedix)がグーグルグラスをベースに開発したソリューションである。

 

患者の電子カルテなどの医療情報をグラスに映し出すので、医師の生産性が大幅にアップ。オーギュメディクスによると、1週間に15時間節約できるという。

 

従来はパソコンのデータを参照していたが、ウェアラブルでデータをチェックできるので、問診に時間が割けるようになった。

 

オーギュメディクスはグーグルの持株会社アルファベットのオーソライズパートナーである。今回レッドマイル(Redmile Group)のリードで1,700万ドルを調達。これまでに調達した総額は4,000万ドルになった。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop