「カード情報非保持化またはPCI DSS準拠」対策セミナーを開催(GMO-PG)

2016年5月11日23:46

GMOペイメントゲートウェイ(GMO-PG)は、2016年5月26日と2016年6月15日に、 「カード情報非保持化またはPCI DSS準拠」対策に関する法人EC事業者向け特別対応セミナーを無料で開催すると発表した。

20160511gmopg

同セミナーは、 経済産業省が主導する「クレジット取引セキュリティ対策協議会」(事務局:日本クレジット協会)が2016年2月に発表した「クレジットカード取引におけるセキュリティ対策の強化に向けた実行計画」を受けて行うもの。 同発表は、クレジットカード取引におけるセキュリティ環境を2020年までに国際水準へと整備するべく、具体的な目標・各主体の役割等を取りまとめたもので、EC事業者においては、2018年3月までに、カード情報漏えい対策として「カード情報非保持化」もしくは「PCI DSS準拠」が求められる。

今回、GMO-PGが実施するセミナーでは、 EC事業者向けにその解説・対策などが説明される。

■ カードセキュリティセミナー~EC事業者は「非通過型決済の利用」または「PCIDSS準拠」が必要に~(GMOペイメントゲートウェイのウェブサイト)

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop