銀聯・Alipay・PayPal取引の「越境EC安心返金保証サービス」を提供開始(イーディフェンダーズ/SBPS)

2016年5月11日23:55

EC事業者向け保証サービスを提供するイーディフェンダーズは、 ソフトバンク・ペイメント・サービス(SBPS)が提供するオンライン決済手段の「銀聯ネット決済」「Alipay国際決済」「PayPal」の不正被害から売り上げを保護する「越境EC安心返金保証サービス」を2016年5月11日から提供開始すると発表した。「越境EC安心返金保証サービス」は、 SBPSが提供する3つの決済手段「銀聯」「Alipay」「PayPal」において、不正利用による売り上げの取り消しが発生した際に月間30万円を上限として売り上げを保証するサービスとなる。

提供イメージ(出典:イーディフェンダーズとSBPSのプレスリリース)

提供イメージ(出典:イーディフェンダーズとSBPSのプレスリリース)

国内のECサイトでも「銀聯」「Alipay」などの中華圏で利用者が多い決済サービスを導入するなど、越境ECへ関心が高まっている。 その一方で、海外取引における不正や詐欺被害への懸念も増えていることから、イーディフェンダーズは「越境EC安心返金保証サービス」を開始し、越境ECへの参入を検討する事業者が安心してビジネスを展開できるようサポートするという。

特徴として、①越境EC決済での不正被害から売り上げを保護、②月額保証料5,700円だけで月間30万円上限を保証、③面倒なシステムの連携は不要なので簡単、 スピーディーに導入できる――3つが挙げられる。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop