500ユーロ札廃止でキャッシュレス(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2016年5月13日9:00

欧州中央銀行(ECB)は2016年5月4日、500ユーロ札を廃止すると発表した。もち運びが簡単で、大半がテロリストやドラッグディーラー、マネーロンダーズに使われているからだ。

 

米国では現在100ドル札が最大の通貨。1969年までは500ドル札、1,000ドル札、10,000ドル札があったが、廃止された。スイスでは1,000フラン(約1,050ドル)があるが、供給が制限されている。

 

100万ドル相当を500ユーロ札で用意すると、重さは5ポンド(2.26キログラム)と軽く、小さなバッグに入れてもち運べる。これを1ドルで用意するとなると、22ポンドで約10キロになる。ちょっと大変だ。

 

2018年末までに500ユーロ札を廃止する。その後ユーロで最大の通貨は200ユーロ札となる。やはり、トレーサブルなキャッシュレスにしなければ、テロやマネーロンダリングは防げない。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop