越境EC・インバウンド対応や未回収リスク保証など、注目の決済サービスが登場(JAPAN IT WEEK2016 春)

2016年5月12日15:12

2016年5月13日まで、東京・有明の東京ビッグサイトで「JAPAN IT WEEK 2016 春」(主催:リードエグジビション)が開催されている。会場では、決済関連のサービスも展示されている。

ソニーペイメントサービスのブースでは、同社の非対面取引向け決済代行サービスを紹介。越境ECにおいて注目される多通貨決済サービスでは、150通貨に対応している。また、新たなソリューションとしてBtoB(企業間)決済サービスもPRした。なお、同社ではセキュリティ面で強みがあり、「認証アシストサービス」での国内チャージバック率は0.002%以下と圧倒的に低いそうだ。

japanitweek6

ネットプロテクションズは、年間1,000億円を超える流通金額を誇り、2万3,000店、7,000万人の利用実績を上げている未回収リスク保証型後払い決済のパイオニアだ。同社では、請求書の発行や督促業務を代行し、利用者の支払い状況にかかわらず、代金を立て替えて入金する未回収リスク保証型決済サービス「NP後払い」や訪問サービス業を対象とした「FREX B2B後払い決済」を紹介した。

japanitweek2

電算システムのブースでは、ビリングシステムがスマートフォンのQRコードを活用したマルチ決済サービスを紹介した。同社では、Tenpay Payment Technology Co., Ltd.(Tenpay)の「微信:WeChat(SNS型コミュニケーションアプリ)」および「QQ(インスタントメッセンジャーサービス)」、中国の北京新空気網絡科技股份有限公司(本社:北京)と、銀聯カードを用いたモバイル決済サービスの提供で提携。中国などからの旅行者が日本の加盟店において、スマートフォンで決済できるサービスを提供している。

japanitweek3

エクスチェンジコーポレーションは、メールアドレスと携帯電話番号を利用して決済でき、コンビニで支払いが可能なオンライン決済サービス「Paidy(ペイディー)」を紹介。決済時の本人確認はメールアドレスと携帯電話番号を入力後、SMS(ショートメール)もしくは自動音声で案内する認証コードで実施するという。なお、利用者からの代金回収リスクはエクスチェンジコーポレーションが保証する。

japanitweek4

米国・ニューヨークに本社を置くPayoneerは、海外から外貨で代金を受け取り、国内の銀行へ日本円で送金できるサービスを行っている。パートナー企業サービス、グローバル決済サービス、請求サービスを提供。請求サービスでは、銀行振り込み、クレジットカード、eCheck(米国)での支払いを選択できる。グローバルなパートナーとしてはAmazonやGoogleが名を連ねている。

japanitweek7

なお、会場には「Fintech/決済ゾーン」も登場。複数の企業がスマートフォンと連動可能なモバイルPOSの展示を行っていた。

TMNブースで展示されたPAYGATE

TMNブースで展示されたPAYGATE

japanitweek1

BLUEBIRD端末

ネットマイルやAmazonでは法人向けのギフトサービスをPRした。企業はインセンティブやノベルティとしてギフトサービスを活用できる。

ネットマイルの「NetMile Gift」

ネットマイルの「NetMile Gift」

Amazonのブース

Amazonのブース

TIプランニングのブースでは、カード決済やセキュリティの動向を紹介した無料の啓蒙書「カード決済&セキュリティの強化書」を配布している。また、カードビジネス(決済、カードセキュリティ、ポイントサービス、FeliCa/NFC)の動向を凝縮した新刊「カードビジネス年鑑」やペイメントナビの会員制度「Paymentnavi Premium Club」等についても紹介している。

japanitweek10

page toppagetop