ビッグデータ収益ランキング(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2016年5月19日9:00

ビッグデータを扱っている企業は儲かっているのだろうか。どんな企業が収益ランクの上位にきているのだろうか。

 

ウィキボン(Wikibon)は2015年のビッグデータ市場シェアレポートをリリースした。それによると、ビッグデータの2015年市場規模(収益)は226億ドル、2兆円を超えている。前年比22%の伸びとなった。

 

そのうちトップ10のシェアは33%、75.59億ドルだ。ビッグデータ市場は今後も拡大し、2026年には922億ドルになるとWikibonは予測している。

 

ビッグデータ収益でトップはIBM。21億ドルでマーケットシェアは9.3%だった。2位はSAP。8.9億ドルで3.9%のシェアを獲得した。1位と2位の差は2倍強と開いている。

 

3位はオラクル。4位はHPE。5位は僅差でPalantirとなっている。以下、Splunk、Accenture、Teradata、Microsoftがつづく。ビッグデータ市場は今後も拡大するが、そのアウトプットが重要な成長要因となる。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop