カード会員向けマーケティング領域で協業し、「セゾン DMP」を構築(クレディセゾン/デジタルガレージ)

2016年5月16日18:07

クレディセゾンとデジタルガレージは、クレディセゾンが保有するデータを活用する「プライベートDMP(Data Management Platform)」(セゾンDMP )を共同構築したと発表した。

プライベートDMPサービスは、企業が保有する顧客データ、マーケティングデータ等、さまざまなデータを統合的に管理し、最新のデータ分析技術を活用した情報配信を行うことでデジタルマーケティング活動全体を最適化するプラットフォームとなる。

クレディセゾンは、これまで分散されていたカード会員の属性データやカード利用情報、ネットサービス利用データ等の各種データを特定の個人を識別できないデータ処理を行いセゾンDMPに統合したうえで、デジタルガレージの機械学習等のデータ解析技術により行動データの相関性やカード会員の類似性を解析し、パーソナライズされた最適な情報配信を行う。これにより、従来の画一的な情報配信ではなく、パーソナライズされたタイムリーな情報配信を実現し、1,200万人を超えるクレディセゾンのネット会員のショッピングをサポートしていきたいとしている。

サービスイメージ(出典:クレディセゾンとデジタルガレージのプレスリリース)

サービスイメージ(出典:クレディセゾンとデジタルガレージのプレスリリース)

さらに、類似の特徴をもつ会員に対してもニーズを喚起するタイムリーな情報を提供することで新たな需要につなげるとともに、法人顧客に対してもビッグデータを活用した集客施策をはじめ、リサーチ、販売促進支援などマーケティングソリューションの提供にも取り組んでいく。

なお、「セゾンDMP」はデジタルガレージグループでデータサイエンス事業を手掛けるBI・Garageとデジタルガレージが共同開発したDMPサービス「BIG MINING Private」をクレディセゾン会員向けにカスタマイズしたもの。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop