米コールズ独自クレカでApple Pay(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2016年5月22日21:04

独自クレジットカードでApple PayのNFC非接触決済、しかもロイヤルティプログラムつき、というのは世界初であろう。

 

米国小売流通大手のコールズ(Kohl’s)は、独自クレジットカード(Kohl’s Charge)をApple Payに登録し、店頭で使えば、イエス2ユー(Yes2You Rewards)というポイントを獲得できるサービスを開始した。

 

現在コールズの250店舗で利用可能。5月中には全店での利用が可能となる。コールズは2015年6月、オムニチャネル戦略の一環としてこの構想を発表していたが、リリースには1年かかった。

 

Apple Payに関する各種調査では、利用者が予想以上に少ない。しかし、コールズのような大手流通での受付が広がれば、利用は拡大する。この動きをみて、競合流通もApple Payの積極導入に踏切るところがでてきそうだ。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop