グルーポンがmPOS売却(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2016年5月25日9:00

mPOS統合の流れは止まらない。グルーポンのmPOSサービスをアップサーブ(Upserve:旧Swipely)が買収した。両者はレストランをメイン顧客としているが、合わせて6,000件強の顧客を保有することになる。

 

グルーポンのmPOSは2011年に創業したブレッドクラム(Breadcrumb:パンくず)を2012年に買収したもの。iPadをベースにしたmPOSで、レストランやバー、ナイトクラブをターゲットにしている。

 

アップサーブは2016年3月、社名をスワイプリーから変更。レストラン向けにクラウドベースの顧客データ分析プラットフォームとmPOSを提供している。

グルーポンはブレッドクラムを手放すが、アップサーブの株式を取得する。つまりは、直接管理から間接的な関与にシフトしたというわけだ。餅は餅屋。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop