不興を買うEMVカード決済(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2016年5月26日9:00

米国では2015年10月からICカード対応が義務づけられたが、その支払いの手間と時間でマーチャントと消費者の両方からクレームの嵐が巻き上がっている。

 

マーケティング会社Walker Sands Communicationsの2016年3月調査によると、「処理時間が遅い」という不満をもっている消費者が、約6割(57.8%)もいることがわかった。

 

レジ係がまちがった教育を受けている、というクレームが第2位(51.1%)。カード読取に何回もかかった、が第3位(45.6%)だった。カードリーダが凍結した(31.1%)、否決された(17.8%)とつづく。

 

マーチャントと消費者の両方からのクレームが多いICカード決済。日本はこれから本格的にICカード対応が進む。クレームの嵐が吹き荒れないことを望むばかりである。NFC非接触決済の方が断然スピーディで、しかも安全だ。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop