苦闘するMCX(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2016年5月29日9:00

2012年8月、鳴り物入りでスタートしたジョイントベンチャーMCXが、独自展開を中止することになった。

 

MCXはウォルマートやターゲット、シェル石油、ダンキンドーナツなどの大手流通・飲食が参画したコンソーシアム。グーグルやモバイル会社に顧客を取られるのでは、という危機感から立ち上げた独自モバイル決済提供会社だ。

 

サービス名称はカレントシー(CurrentC)。ほとんどのモバイル保有者が利用できるバQRコード決済で、顧客利便性を高めようという狙いがあった。

 

2015年10月、オハイオ州コロンバスでパイロットを実施したが、その結果は芳しいものではなかったようだ。MCXは30名のスタッフをレイオフする。

 

今後はChase Payなど、銀行の独自モバイル決済の黒子としてマーチャント開拓やソリューションを提供する。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop