資金決済法というビジネスチャンスを活かすためのセミナーを開催(NCB)

2010年9月6日11:05

日本カードビジネス研究会(NCB)では10月27日、ディスカッションを織り交ぜた参加型セミナー「資金決済法をチャンスに飛躍するには?~成長戦略を描くための鍵を見つけよう~」を開催する。

同研究会では8月25日の第251回NCB定例セミナーで代表の佐藤元則氏が「資金決済法をチャンスに飛躍 ~送金サービスとプリペイド・デビットで成長戦略を描く~」と題してご講演。大変好評だったため上述の内容をさらに深掘りさげて研究すべく今回のセミナー開催に至った。今回はゼミ形式とし、参加者も一緒に考え、質問や意見交換を行うなど、より理解を深めてもらえるような内容を考えているという。

プリペイド決済、送金サービス、モバイル決済など、日本において未開拓の市場が眼前に広がるなか、どこに参入するべきなのか?またどうすれば収益事業に育てることができるのか?その答えを探るカギがここにあるかもしれない。

セミナーの詳細は下記の通り。

1.資金決済法と新しい決済モデル

・資金決済法で狙うべきふたつのマーケット
・革新的な決済モデル構築の推進エンジンとは!?

2.プリペイド決済のチャンス

・どこを攻める?「プリペイド+価値」で無数の商品設計が可能に!
・プリペイドは顧客囲い込みに最適なツール
・不況下でも堅実に伸びつつける国際ブランドギフトカード
・注目!ネット専用バーチャルカードの成長力
・SNSの拡大とともにソーシャルギフト登場
・金の卵“未成年”へのファーストアプローチはプリペイドで決まり

3.送金サービスのチャンス

・送金ビジネスの3タイプ(エージェント・オンライン・モバイル)
・チャンスは海外へのクロスボーダー送金と個人間送金にあり
・想定される送金シーンと市場規模予測
・送金サービス成功の処方

4.モバイル決済のチャンス

・新技術を活用した決済コミュニケーションを構築せよ
・モバイルサービスで収益アップを実現する秘訣
・モバイル利用者の特性をつかんでマーケティング効率アップ
・モバイルマーケティングで新規顧客獲得コストを削減
・ステッカー?バーコード?多様化するモバイル非接触決済
・加盟店情報の活用でカード利用率アップを実現
・スマートフォンが加盟店端末になる!?

5.実践課題・フリーディスカッション

■「資金決済法をチャンスに飛躍するには?~成長戦略を描くための鍵を見つけよう~」の詳細・お申し込み

page toppagetop