公式モバイルアプリを提供、スターバックス カードのバーコード決済開始(スターバックス)

2016年5月25日22:15

スターバックス コーヒー ジャパンは、2016年5月25日から、スターバックス ジャパン公式モバイルアプリ(iPhone/Android)の提供を開始した。

公式モバイルアプリのスターバックス カード

公式モバイルアプリのスターバックス カード

公式アプリは、会計時に画面に表示されたバーコードをスキャンするだけで決済が可能になり、行きたい店舗の検索、好みの商品情報の閲覧や最新情報の入手、Starbucks eGiftの送信などの機能を利用できる。

具体的には、Webに登録済みの「スターバックス カード」を選んで支払いボタンをタップし、バーコードを会計時にスキャンするだけで決済できる。また、スターバックス カードの残高照会・利用履歴の確認、入金、オートチャージ設定、スターバックス カード間の残高移行も可能だ。

さらに、日本国内のスターバックス店舗を検索し、各店舗の営業時間や場所をスムーズに確認することができる。また、店舗へチェックインして写真やコメントを保存することができ、その情報をFacebookやTwitterでシェアすることも可能だ。

「商品情報閲覧」では、店舗で販売しているビバレッジやフードはもちろん、タンブラーやマグカップ、コーヒー豆などの情報を見ることができる。また、アプリを立ち上げた時間帯に合わせて、おすすめのビバレッジやフードなどの情報が表示される。

「Starbucks eGift」では、LINEや電子メール、SNSを通じてオンライン形式のギフトカードを贈ることができるサービスとなる。Starbucks eGiftを購入して誰かに贈ることはもちろん、受け取ったギフトカードをアプリで保存することもできるという。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop