「Renta!」の決済手段としてコンビニ支払いを導入(パピレス)

2016年5月26日22:22

パピレスは、マルデバイス対応電子書籍レンタルサイト「Renta!」の新たな決済手段として、コンビニ支払いを導入致したと発表した。これにより「Renta!」で使用するチケットをコンビニエンスストアで購入することが可能になる。

利用者は、チケット購入ページから、購入したいチケット数を選択し、支払い選択選択画面に進む。コンビニ支払いの中から、「セブンイレブンコンビニ支払い」か「その他 コンビニ支払い」を選択。「セブンイレブンコンビニ支払い」を選択した場合は、支払い手続きに進まれた後に出てくる、[払込票はコチラ]のボタンを押して、表示されたバーコードをレジに提示するか、「払込票番号」のメモまたは「払込票」を印刷してレジに提示する流れとなる。

一方、「その他 コンビニ支払い」を選択した場合は、「LAWSON」「Familiy Mart」「サンクス」「ミニストップ」「セイコーマート」「デイリーヤマザキ」「ヤマザキデイリーストア」など、各店舗の手順に沿って支払う。

なお、「Renta!」の支払い方法は、クレジットカード支払い、スマートフォン支払い、携帯電話支払い、電子マネー支払い、プロバイダ決済に対応している。

Renta!の対応する決済手段(出典:パピレス)

Renta!の対応する決済手段(出典:パピレス)

「Renta!」は、電子書籍の閲覧ができるサービスとして、2007年にオープン。2016年には、会員数200万人を突破している。パソコンでの書籍閲覧はもちろん、iPhone・iPad、au・docomo・SoftBankの各種AndroidスマートフォンおよびAndroidタブレットにも対応すしてる。価格設定は「48時間閲覧100円~」という時限レンタル方式を採用している。また、時限レンタル方式とは別に「無期限閲覧方式」も別途提供し、二つの異なるニーズに対応している。

page toppagetop