愛媛銀行が10月から「ひめぎんJCBデビットカード」を発行(JCB)

2016年5月27日20:05

ジェーシービー(JCB)は、愛媛銀行と、JCBブランドのデビットカード(JCBデビット)の発行に合意したと発表した。愛媛銀行は、四国地区の金融機関で初のデビットカード発行銀行となる。

2016年10月より、愛媛銀行は、同行の口座保有者を対象として「ひめぎんJCBデビットカード」の発行を開始する予定だ。「ひめぎんJCBデビットカード」は、15歳以上(中学生を除く)であれば申し込みでき、原則入会時の与信審査は不要だ。国内・海外のJCB加盟店で利用でき、利用の都度決済金額が利用者指定の口座から即時引き落としされる。また、利用者自身で利用限度額を設定できる。

JCBが金融機関向けに提供するJCBデビットサービスは、各行の要望に応じて入会や発券、利用情報の照会、銀行システムへの中継などの業務処理や、コールセンター業務、ポイントプログラムの提供などを受託するもの。 提携金融機関にとっては、自行のデビットカード発行に伴う業務やシステム開発の負荷が軽減されることに加え、JCBが提供する各種サービスの付帯が可能となるメリットがある。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop