中国最大のオンライン旅行会社Ctripの子会社と海外旅行用プリペイドカードの発行で合意(JCB)

2016年5月27日20:18

国際カードブランド運営企業であるジェーシービー(JCB)の海外業務を行うジェーシービー・インターナショナルは、中国最大のオンライン旅行会社Ctrip.com International Ltd.(携程旅行网)(以下Ctrip)の子会社Ctrip Financial Service(Hong kong)Limited(Ctrip FS)と、海外旅行用プリペイドカード(電子旅行小切手)の発行で合意したと発表した。

Ctripは、世界200以上の国と地域においてホテルや航空券などの旅行商品のオンライン予約サービスの提供を行う中国最大のオンライン旅行会社となる。傘下のCtrip FSは、カード発行を含む金融事業を行っている。同カードは、渡航前にチャージした金額の範囲内で世界のJCB加盟店(中国本土を除く)での買い物に利用でき、対応ATMで現地通貨を引き出すこともできるカードとなる。

2015年(1-12月)の中国人(中国本土)の海外渡航者数は1.2億人を超え、海外渡航時の旅行消費額は約2,920億ドルとなったという。また、同年の日本への渡航者数は約500万人、旅行消費額は約1兆4,000億円となっている。

今回の提携は、顧客へのサービスを拡充させたいCtrip・Ctrip FSと、中国におけるJCB会員基盤の拡大および中国会員の海外旅行消費を取り込みたいJCBの狙いが合致し、実現したそうだ。

page toppagetop