2025年英国の主流決済はなにか(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2016年6月3日9:00

2015年、英国の主流決済は現金だった。取扱件数比率で45%。ついでデビットカードが27%、口座引落が10%、クレジットカードが7%とつづく。

 

では10年後の2025年はどうか。ペイメンツUKの予測によると、トップはデビットカードで現金を抜く。デビットカードの取扱件数比率は42%。いっぽう現金比率は27%と大きく後退する。

 

3位は口座引落で19%、クレジットカードは4位で9%となる。デビットカードとクレジットカードを合わせると51%となり、カードが過半を占める。

 

デビットカードが現金を追い抜くのは2021年になる見込み。デビットカードは英国人の日常生活に密着した決済になっている。日本ではデビットカード利用は微弱で、現金が幅を利かせている。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop