700億円弱の台湾IoTファンド(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2016年6月4日9:00

台湾の投資会社がIoT投資ファンドを組成した。その額6.25億ドル。日本円にして700億円弱となる。

 

組成したのはフーファ(Fu Hwa Securities Investment Trust)。6月末をめどに投資活動にはいる。

 

マッキンゼーの調査によると、IoT市場は現在3.9兆ドルだが、2025年までに11.1兆ドルという巨大市場に拡大する。

 

フーファの投資領域は、自動運転、ビッグデータ、スマートロジスティクス、クラウドコンピューティング、先進的製造など。その他、医療、エネルギー、環境、バイオテクノロジーにも投資する。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop