「サラリーマンお小遣い診療所@大阪」を「阪急梅田駅」で実施(Visa)

2016年6月1日14:04

ビザ・ワールドワイド(Visa)は、2016年6月9日11:00~19:30、大阪のサラリーマンが多く集まるターミナル「阪急梅田駅」にて、ファイナンシャルプランナーの監修のもと、お小遣いや家計に関するカウンセリングを無料で受けられる「サラリーマンお小遣い診療所@大阪」を開設すると発表した。

「サラリーマンお小遣い診療所」の東京・品川駅構内での開催の様子

「サラリーマンお小遣い診療所」の東京・品川駅構内での開催の様子

「サラリーマンお小遣い診療所」は、2015年8月末に1日限定で東京・品川駅構内にて初開催、200名以上のサラリーマンが診療を受けた。またVisaでは、5月26日に東京と大阪のサラリーマンを対象とした「お小遣いに関する調査」結果を発表、調査から大阪のサラリーマンの方がお小遣いが約5,300円少なく、およそ2人に1人が現状のお小遣いに満足していない実態が明らかとなった。同結果を受け、Visaでは今回、お小遣いに悩む大阪のサラリーマンの家計管理のカウンセリングを行うため、第2回目の診療所を開設する運びとなった。

「サラリーマンお小遣い診療所@大阪」では、ファイナンシャルプランナーの横山光昭氏が今回のために監修・制作した「サラリーマン適正お小遣い診断ツール」を使い、診療所内のブースでカウンセラーによる個別診察を実施する。診察ブースではサラリーマンの金銭感覚やお金の使い方をヒヤリングし、適性お小遣い価格の判定とともに、個々のお金の使い方をタイプ別に診断する。診断結果は「診断書」として発行し、お小遣い額の見直しや値上げ交渉、今後のお金の管理にも役立てることができるという。さらに、横山氏本人に対して直接悩みの相談、改善のアドバイスを受けられるブースも時間限定で登場する。

page toppagetop