羽田空港国内線・国際線旅客ターミナルで決済サービス「WeChat Payment」を導入

2016年6月2日12:25

日本空港ビルデングと東京国際空港ターミナルは、2016年6月1日から、羽田空港国内線・国際線旅客ターミナルの一部店舗において、ユーザー登録数が9億人を超える中国最大級のスマートフォンアプリ「WeChat」の機能を利用した決済サービス「WeChat Payment(中国名:微信支付)」を日本における正規代理店であるネットスターズを通じて導入した。

WeChat Paymentは、利用者のスマートフォン上でWeChatを起動し、表示したQRコード(銀行口座のワンタイムパスワード)を店舗の専用端末にかざすことにより決済を行うサービスとなる。

導入店舗は、国内線第1旅客ターミナルがイセタン羽田ストア(メンズ)、イセタン羽田ストア(レディス)、サマンサタバサ スイーツ&トラベル、和光、MIKIMOTOの5店舗、国内線第2旅客ターミナルがイセタン羽田ストア(メンズ)、サマンサタバサ スイーツ&トラベルの2店舗、国際線旅客ターミナルがTIAT DUTY FREE SHOP CENTRALの1店舗となる。今後は、他店舗においても、同サービスの導入を順次進めていくという。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop