インドで苦戦する決済銀行予備軍(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2016年6月9日9:00

12.5億人を抱えるインド市場を狙って、携帯キャリアやITベンチャー、医薬などさまざまな業態から決済銀行へ参戦しようとしている。

 

しかし、これまで11社が銀行免許を取得したが、いずれも苦戦を強いられてているというのが実情だ。

 

5月24日、ITサービスのテックマヒンドラ(Tech Mahindra)は決済銀行業務開始を見送ると発表した。医薬で財をなしたディリップシャンギビ(Dilip Shanghivi)が主体となったコンソーシアムは5月第2週に撤退、コラマンダラム投資金融(Cholamandalam Investment and Finance)は3月に撤退を表明している。

 

エアテル(Airtel)やボーダフォン(Vodafone)、ペイティエム(Paytm)など残り8社も開業期日を前に苦悶しているようだ。競争激化による収益性の問題と、スコープが描けないことからである。

 

決済だけでは生き残れない。融資や投資、保険などの商品メニューが必要だ。インドでは銀行免許は取ったものの離陸できず、予備軍が次々にクラッシュしている。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop