ペイパルがトルコで営業中止(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2016年6月11日9:00

ペイパルは6月6日をもってトルコでの営業を中止することになった。トルコ当局(BDDK)からライセンスがおりなかったからだ。

 

理由は新たな金融規制だ。トルコで金融サービスを提供する企業のITシステムはトルコになければならない、というもの。ペイパルの利用者やマーチャントは6月6日から使えなくなる。

 

ペイパルのITシステムは世界数カ所のグローバルハブに設置しているため、トルコでのローカライズは行っていなかった。

 

トルコ金融当局がローカライズにこだわっているのは、トルコ国民の6割強となる5,000万人分の個人情報がオンラインでハッキングされたという苦い経験があるからだ。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop