カーブがAmexに打たれた(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2016年6月12日9:00

1枚のカードに複数のカード情報を登録して使えるカード型ウォレットが、英国で思わぬトラブルに巻き込まれた。

 

そのカード型ウォレットはロンドンに本拠を構えるカーブ(Curve)。うまくボールをひねったつもりが、ホームランを打たれてしまったのだ。

 

カーブは英国でも注目のフィンテック。VisaやMasterCard、Amexなどの国際ブランドカードを登録できると宣伝していたが、Amexから待ったが掛かった。

 

カーブのメインターゲットはフリーランスや個人事業主。カーブに利用カードすべてを登録しておけば、経費精算が楽になるとうたっていた。

 

コストは標準版が30ポンド、アップグレード版のブラックは75ポンド。Amexのビジネスカード戦略をマネたものだった。Amexが抜けるとカーブはその魅力をほとんどなくす。

 

2015年カーブは200万ポンドの資金を調達し、これをもとに今回のサービスをスタートした。虎の威を借る狐ビジネスは、早晩破綻する。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop