中野区観光協会・鷺宮商明会が「dodo ポイント」を活用し、「ペーパーレス」の飲み歩き・食べ歩きイベントを開催(Spoqa)

2016年6月6日23:18

中野区観光協会、鷺宮商明会が、鷺ノ宮駅周辺21店舗と協力して運営する「まちなかのバル in 鷺飲夜」は、Spoqaが提供するクラウド型店舗向けポイントサービス「dodo ポイント」を活用し、携帯電話の番号をIDとして参加が可能な「ペーパーレス」の飲み歩き・食べ歩きイベントを、6月22日、23日に開催すると発表した。

20160606dodo

「まちなかのバル in 鷺飲夜」は、中野の街をハシゴ酒するグルメイベント。参加者は受付にて料金を支払い、タブレットに携帯番号を登録。入力と同時に、番号をIDとしたアカウントに、店舗で使えるチケットが即時付与される仕組みとなる。参画店舗をハシゴして回遊する際は、同じように店頭に設置されたタブレットに携帯番号を入力することでチケットを使用する。携帯番号をIDとしてすべての操作が完結するので、従来利用していた紙のチケットや、アプリのダウンロードなどは不要だ。

また、「まちなかのバル in 鷺飲夜」では、「dodo ポイント」を活用することで、従来の紙のチケットでは実現できなかった、イベント後の「参加者へのリーチ」が可能になり、リピーター化の実現につなげていくという。

さらに、イベント来場者の属性や購買行動のデータ収集を行い、今後の地域情報誌のコンテンツ作成や、「歳末フェア」「盆踊り大会」といった恒例イベントのさらなる改善と盛り上がりのために活用していきたいとしている。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop