インドでキャッシュレス生活は可能か(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2016年6月17日9:00

インドはムンバイに住む決済の専門家が、まったく現金を使わない生活にチャレンジした。しかも50日間という長期だ。果たしてキャッシュレス環境が未整備のインドで成功したのだろうか。

 

勇敢なキャッシュレス戦士はAbhishant Pant氏。奥さんからは成功するはずはないといわれ、友人からはインドでは無謀、1週間ももたないと忠告されたという。

 

これに先立って、氏はシンガポール旅行でキャッシュレストライアルを実施。5日間みごと現金なしに旅行したという成功体験がある。

 

今回は2016年3月13日にムンバイでキャッシュレス生活をスタートした。散髪はカードを受付ける所に変更。メイドの支払いは現金から銀行口座への振込みに変えてもらった。

 

カードやモバイル決済を受付けないストアでは長時間かけてキャッシュレスの効用を説き、カード受付マーチャントに仕立てるという努力もしている。

 

新興国インドでのキャッシュレス生活は並大抵のことではなかったようだが、結果は成功。そこでの体験はキャッシュレスを推進する上において示唆に富んでいる。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop