ストライプがフランス進出でみえたもの(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2016年6月19日9:00

コードペースト型決済代行のストライプ(Stripe)がフランスで本格展開することになった。これまではテストフェーズだった。

 

すでに数千件のフランス企業顧客を獲得した模様。モバイル機器のWithings、動画サイトのDailymotion、SaaSプラットフォームのAlgoliaとDashlane、マーケットプレイスのDrivyとKissKissBankBankなど。

 

ストライプの扱い通貨は100種類以上。定期支払いのサブスクリプションも可能だ。欧州発行のカード手数料は1.4%+€0.25。それ以外のカード手数料は2.9%+€0.25だ。

 

欧州とその他の地域のカード手数料率が1.5%も違う。これはIRF規制によって、欧州のカード発行会社の取り分にキャップがかかっているからだ。

 

トランザクションごとにかかる€0.25(30円)は高い。1,000円で3%になる。それでもオンラインマーチャントにとっては利便性が高いサービスなのだろう。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop