フィンランドの首都ヘルシンキのモバイルチケットのアプリ内課金開始に向け採用(ジェムアルト)

2016年6月14日14:40

ジェムアルト(Gemalto)は、同社の「NetsizeTransport Ticketing サービス」を活用し、フィンランドのヘルシンキ都市圏にて新しいモバイルアプリベースのチケットサービスを展開している。ヘルシンキの交通網を利用するフィンランドの人々は、携帯電話を用いて、中心部のトラム(路面電車)や地下鉄だけでなく、公共交通機関の支払いが行えるようになる。チケットの代金は携帯電話の利用料金とあわせて月末に請求される。

モバイルアプリでの利用は、2006年に導入されたSMSチケットを補完するものとなる。ジェムアルトはNetsizeプラットフォーム上で携帯電話事業者向けに収納代行サービスを提供している。

ヘルシンキ市民は、まず携帯電話端末にヘルシンキ地域向けのチケットアプリをダウンロード。次に、バス、電車、フェリー、地下鉄、トラムに乗車する際に、利用交通機関をメニューから選択し、購入を確認すると、チケットがアプリに送信される。同アプリのバックエンドシステムにはNetsizeプラットフォームを使用しており、利用者の特定、およびチケット購入代金の請求を行っている。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop