ブレスレット型ウェアラブル端末 「Pulseira Bradesco Visa」を発表(Visa/Bradesco)

2016年6月17日21:00

Visaと、ブラジルのBradesco(ブラデスコ銀行)は、2016年6月16日、両社として初のブラジル市場向けブレスレット型ウェアラブル端末、「Pulseira Bradesco Visa」を発表した。

「Pulseira Bradesco Visa」(出典:Visa)

「Pulseira Bradesco Visa」(出典:Visa)

同端末は、2016年リオデジャネイロオリンピックに先駆けて現在、実証試験を行っている。新製品は、8月のリオ・オリンピックで使用可能となる予定で、近距離無線通信(NFC)の技術を用いた非接触型決済として、テクノロジー、ファッション、スポーツの要素を融合し、消費者の支払い体験を向上させるという。

リオ・オリンピックで導入されるこの新たな決済方式は、限られたファンや参加者を対象に、大会期間中のスワイプ、タップ、ディップまたはクリックによる支払いを可能にする。このブレスレット型ウェアラブル端末はブラジル国内でのみ利用可能で、同国には、近接通信を可能とするNFC対応リーダーが100万台以上設置される予定だ。2016年リオ・オリンピック期間中、オリンピックパークに設置される4,000台のPOS端末すべてに、同テクノロジーが搭載される。

ユーザーエクスペリエンスを向上させるために、スマートフォンのアプリ上で、取引履歴の監視や、アカウントの残高確認、盗難や紛失の際の端末の停止、付帯するプリペイドカードへのチャージなどが可能になる。Visaのプロセッシングプラットフォームの安全性や信頼性に基づき、ウェアラブル端末による決済においてもカードに適用されているのと同等の標準的な契約条件により保護されるという。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop