実店舗で使用できる「ギフト」がもらえるスマホゲーム「ギフトプラネット」を提供開始(Showcase Gig)

2016年6月17日21:33

Showcase Gigは、新感覚O2Oスマートフォンゲーム「ギフトプラネット」の提供を開始した。2016年6月17日よりAndroid版、そして6月下旬(予定)にはiPhone版の提供をスタートする。

20160617showcasegig

「ギフトプラネット」は、オンラインとオフラインを連携させる仕組み(O2O:Online to offline)が特長で、実店舗で使用できる「ギフト」が手にできるパズルRPGとなる。簡単な操作で爽快なアクションが楽しめるパズルゲームで敵を倒すことで冒険を進めていく。

Showcase Gigは、実店舗の消費を活性化するデジタルソリューションを活用し、2014年11月にO2Oパズルゲーム第1弾「デリバリープラネット」を提供しており、現在60万人を超えるユーザーが利用している。

「ギフトプラネット」 では、「デリバリープラネット」で得たノウハウを活かして、より「リアル」と融合した新しいスマートフォンゲーム体験を提供している。

20160617showcasegig1

利用者は、さまざまなタイミングで「ギフト」が獲得でき、ケンタッキーフライドチキンなどの実店舗で使うことが可能だ。また、獲得したギフトはゲーム内のフレンドに贈ることもでき、フレンドに贈ることでゲームを有利に進められるボーナスが発生する。

また、パズルはタップするだけの操作で利用できる。タップしたピースとつながっている同じ色のピースが同時に消えていく。消したピースと同じ色のキャラクターがさまざまなアクションで敵を攻撃し、バトルを盛り上げる。

さらに、プレイヤー1人だけでゲームを利用することもできるが、他のプレイヤーとともに敵を攻撃し倒すマルチプレイモードも搭載している。最大30名まで協力して敵を倒せるのでバトルが盛り上がり、一体感を感じることができるという。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop