豪州決済フィンテック1,000万ドル調達(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2016年6月30日9:00

不動産業界や自動車業界向けに決済ソリューションを提供するプロミスペイ(Promise Pay)は、成長戦略達成のために1,000万ドルを調達した。

 

プロミスペイは2013年11月ビクトリア州コリングウッドで設立。今回を含め、これまで5回の調達ラウンドで1,225万ドルを調達している。

 

従来のオンラインコマースよりもリスクの高い業界をターゲットにし、そこでの回収とクロスセルサービスを主な収益源としているのが特色。

 

住宅の敷金や家賃支払い、車の購入、オートローンの支払いがモバイルやPCなどからかんたんにできる。支払い方法はクレジット、デビットカード、銀行、ペイパルなど多様だ。

 

プリミスペイはニッチな市場を対象としたAPI型の決済代行である。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop