「PAY.JP」で購入者向けID決済「PAY ID」開始、BASE20万店が順次導入(BASE)

2016年6月27日13:01

オンライン決済サービス「PAY.JP(ペイドット ジェーピー)」を運営するBASEは、2016 年6月27日から、「PAY.JP」の購入者向けID型決済サービス「PAY ID」決済の提供を開始すると発表した。なお、「PAY ID」決済の提供開始に先駆けて、まずは個人・法人・行政が利用するEコマースプラットフォーム「BASE(ベイス)」のECサイト20万店舗が、同日より「PAY ID」決済を順次導入する。

「PAY.JP」のイメージ(出典:BASE)

「PAY.JP」のイメージ(出典:BASE)

「PAY ID」決済は、会員IDを使ってオンライン決済ができるサービス。「PAY ID」にあらかじめクレジットカード情報を登録するだけで、以降は、都度クレジットカード番号や配送先等の情報を入力する必要なく会員IDを使って決済を行うことができる。「PAY ID」には複数のクレジットカードを登録できるので、目的に応じて使い分けることもできるという。

「BASE」で開設されたECサイトでは、今後、新たな決済方法として「PAY ID」決済が追加。「BASE」のiOS およびAndroid アプリでも、各店舗のWebショップでも、決済方法で「PAY ID」を選択すると、ワンタップでショッピングができるようになる。また、「PAY ID」決済のスムーズな購入環境により、店舗にとっても転換率アップや、現在離脱している新規顧客の獲得、リピーター獲得の効果が期待できるそうだ。

なお、「PAY.JP」は、既存のWebサービスやECサイトにクレジットカード決済機能を無料で導入できる開発者向けの決済サービスとなり、国際基準に準拠したセキュリティで運用されている。

20160627base1

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop