複数のカードを集約できる共通プラットフォーム 「スマホサイフ」アプリを提供(CCCマーケティング)

2016年6月28日14:17

カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)の子会社であるCCCマーケティングは、ポイントカードやスタンプカード、クレジットカード、電子マネー、キャッシュカードなど、財布の中にある各種カードを1つのアプリに集約し、アプリ経由で利用できる共通プラットフォーム「スマホサイフ」アプリを2016年7月20日より提供を開始すると発表した。

共通プラットフォーム「スマホサイフ」アプリのイメージ

共通プラットフォーム「スマホサイフ」アプリのイメージ

「スマホサイフ」アプリは、 “スマホ1つでポイントから決済まで利用できる”をコンセプトとした新サービス。生活者は、財布の中のさまざまなカードを「スマホサイフ」アプリに集約できる。また、「スマホサイフ」アプリが財布の代わりとなり、店頭でバーコードやQRコードなどを提示すると、会計時にさまざまなカードのポイントが貯まり、決済までをシームレスに利用することが可能だ。

20160628ccc2

CCCマーケティングでは、「スマホサイフ」アプリの提携企業には、クーポンなどの情報配信によるCRM機能や「スマホサイフ」アプリを通じた新規顧客の獲得、また店頭オペレーションの簡易化等による売上拡大への貢献を目指すという。

企業名 業種 ブランド
株式会社モスフードサービス ファストフード モスバーガー
クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン株式会社 ドーナツ専門店 クリスピー・クリーム・ドーナツ
株式会社日比谷花壇 フラワーショップ 日比谷花壇
株式会社ライトオン アパレル ライトオン
株式会社イーグルリテイリング アパレル アメリカンイーグル アウトフィッターズ
ギャップジャパン株式会社 アパレル Gap
株式会社TSIホールディングス アパレル NATURAL BEAUTY BASICなど 36ブランドで順次開始予定
株式会社ユナイテッドアローズ ファッション小売 実施ブランド検討中
株式会社ジェーシービー 電子マネー QUICPay(JCBグループ発行のみ)
株式会社Tポイント・ジャパン 共通ポイント Tポイント提携企業(モバイルTカード対応店)

※「スマホサイフ」アプリでの取り扱いに向けて協議中

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop