Amexもクイックチップ(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2016年7月6日9:00

Visa、MasterCardについでAmexもEMV(ICカード)の処理スピードをアップするソリューションを発表した。

 

米国では2015年10月からライアビリティシフトでカードのEMV化とマーチャント決済端末のEMV対応が義務づけられた。しかし、従来の磁気カードに比べ、EMVの処理スピードがあまりにも遅いことから国際ブランドにクレームがあがっていた。

 

ウォルマート関係者によると、磁気カードは2秒だが、EMVカードになって18秒もかかったという。これではレジが停滞し、顧客の不満がつのる。

 

この声に押され、Amexはクイックチップ(Quick Chip)というソリューションを開発した。マーチャントは既存端末にクイックチップのソフトウェアをダウンロードするだけでいい。

 

Visaのソリューションも同名のクイックチップ、MasterCardのソリューションはM/Chip Fastである。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop