電子ペーパー搭載の店頭用POPが三井住友カードの「ANAカードキャンペーン」で採用(DNP)

2016年7月4日21:10

大日本印刷(DNP)は、電子ペーパー世界大手のE Inkホールディングスと共同で、電子ペーパーを搭載したセールスプロモーション用の製品を開発しており、このほど同製品が初めて、三井住友カードが実施する「ANAカードキャンペーン」で採用されたと発表した。

絵柄が変わる電子ペーパー「PRISM」(出典:DNP)

絵柄が変わる電子ペーパー「PRISM」(出典:DNP)

DNPは、2016年3月にE Ink社と協業し、E Inkの電子ペーパー「PRISM(プリズム)」を搭載した店頭POPなどの開発と製品化を進めている。PRISMは、柔らかい色彩とグラデーション表現を得意としており、表示する色や模様を変化させてアイキャッチ効果や意匠性を高め、生活者に強く商品やサービスなどの情報を訴求するという。

三井住友カードの「ANAカードキャンペーン」では、簡易に組み立てができ、省スペースでも設置できる店頭POP「DNPかんたん組み立てPOP PaPaTPoPTM(ぱぱっとポップ)」シリーズにPRISMを搭載した製品が採用された。PRISMを搭載した店頭プロモーションツールの採用は、日本で初となる。

同キャンペーンでは、PRISMの上に飛行機や雲などの絵柄を印刷しており、電子ペーパーの色のグラデーションが白と青に交互に変化することで、飛行機が空を飛んでいるようなアイキャッチ効果を演出している。

大日本印刷株式会社

大日本印刷

〒162-8001
東京都新宿区市谷加賀町一丁目1番1号

国内ICカードシェアNo.1を誇る企業として、ICカードの製造・発行にとどまらず、 ASPソリューションとしてICカードに関連する多様なサービスを実現する 「CDMS(Card Data Management Service)」を提供しています。
ICカード・おサイフケータイへの即時発行から、地域通貨やポイントデータ管理、導入コンサルまで、デジタルセキュリティに枠を拡げた総合的なソリューションを提供し、スマートライフの発展に貢献していきます。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop