米国大手流通と国際ブランドの確執(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2016年7月13日9:00

カナダのウォルマートはVisaとの手数料交渉が決裂し、Visaブランドのカードを受付けないことを決めた。そんな中、クロガーは6月27日にVisaを提訴した。

 

なにが起きているのか。

 

Visaがクロガーに違約金として700万ドルを請求したのが発端。国際ブランドがクロガーのビジネスモデルを脅かす要求をしたという理由からである。

 

2015年10月のライアビリティシフトに合わせ、クロガーはすべての端末をICカード対応し、デビットカードの処理をチップ&PINのオペレーションに設定した。PINデビットは国際ブランドではなく、パルスやスターという独自決済ネットワークを利用する。

 

これに対し、Visaはチップ&サインも受付けなければならないというルールをかざし、クロガーにペナルティを課したというわけだ。

クロガーとしては手数料の安い方式に一本化したのだが、これが国際ブランドのルールに違反するとしたのである。

国際ブランドが推進するライアビリティシフトによって、大手小売流通との軋轢が強くなってきた。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop