Visaインドで非接触決済加速(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2016年7月15日9:00

インドでは非接触決済を受付けるマーチャントが100万件以上ある。このインフラを最大限活用するため、Visaは非接触決済カードを100万枚発行した。

 

インドでは交通機関や駐車場での非接触決済利用が急拡大している。モバイルやウェアラブル、ステッカーでの利用も多い。

Visaの非接触決済はpayWave(ペイウェイブ)という名称だが、インドでこれを加速するタイミングにきたと判断した。

 

payWaveの利用者は2,000ルピー以下の利用にはPIN入力やサインは不要だ。現在インドでは8行が非接触カードを発行している。

 

世界の決済は磁気カードからICカードを飛び越して非接触へとジャンプしている。決済スピードが速いからだ。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop