シティがプリペイドを売却(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2016年7月16日9:00

米国のシティバンクは6月30日、傘下のシティプリペイド(Citi Prepaid Services)をドイツが本拠のワイヤーカード(Wirecard)に売却すると発表した。

 

取引詳細は不明だが、ワイヤーカードによるとこの買収によって2017年度には2,000万ドル強の売り上げが見込めるとしている。

 

ワイヤーカードはこの買収を基盤として、米国やカナダへの本格展開を考えているようだ。シティプリペイドの従業員120名は維持する。

 

アナリストによると、2022年までに世界のプリペイド市場規模は3.1兆ドルになると予測している。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop