免税自動化アプリ「Smart Detax」と決済端末が連携(GMO-FG)

2016年7月13日21:50

GMOペイメントゲートウェイの関連会社で、対面クレジットカードなどの決済事業を展開するGMOフィナンシャルゲート(GMO-FG)は、日本クレジットカード協会(JCCA)認定CCT端末「VEGA3000-Touch」において、オルタナレッジが提供する免税自動化アプリ「Smart Detax(スマートデタックス)」(iOS対応)とサービス連携し、免税システムを実装できる専用アプリケーションを2016年7月下旬から提供すると発表した。提供開始に先駆けて、2016年7月13日より申し込み受付を開始している。

【VEGA3000-Touchでの免税システム利用イメージ】 出典:外務省ホームページ(パスポート画像)

【VEGA3000-Touchでの免税システム利用イメージ】 出典:外務省ホームページ(パスポート画像)

決済業界初となる、 クレジット・銀聯カード決済一体型の免税端末として、初期費用0円、月額6,980円(税別)で利用可能だ。

これにより、 免税品を販売する「VEGA3000-Touch」を利用するクレジットカード加盟店は、専用アプリケーションをCCT端末にダウンロードし「Smart Detax」を使用することで、免税帳票(購入記録表/誓約書)を作成、 支払い時のレシートと合わせて印刷することができる。

GMO-FGでは、インバウンド需要の高まりを受けて、免税システムの実装に続き、最近注目を集めている「Alipay」、「WeChat Pay」への対応など、今後も加盟店のインバウンドビジネスを決済面からサポートしていきたいとしている。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop