「バケモノの子 VISA CARD」を「熊徹」「九太」2種類のオリジナルデザインで発行(三井住友カード)

2016年7月15日19:08

三井住友カードは、このほど株式会社地図 企画・制作のアニメーション映画「バケモノの子」とコラボレーションしたクレジットカード「バケモノの子VISA CARD」を発行すると発表した。主人公の「熊徹」と「九太」をデザインした「バケモノの子VISA CARD/熊徹」「バケモノの子VISA CARD/九太」は、2016年7月22日から専用サイトで会員募集を開始する。

20160715smcc

左からバケモノの子VISA CARD/熊徹、バケモノの子VISA CARD/九太

年会費は、初年度年会費無料、前年度1回以上のカード利用で次年度以降も無料(通常年会費:1,250円+税)となる。ただし、入会後に「マイ・ペイすリボ」以外の支払方法に変更した場合は、上記年会費が必要となる。

2006年『時をかける少女』、2009年『サマーウォーズ』、2012年『おおかみこどもの雨と雪』を世に送り出した、映画監督・細田守の最新作『バケモノの子』。2015年7月11日に公開された本作は、観客動員数459万人という2015年夏の邦画No.1ヒットを記録した。

同カードは、スタジオ地図の監修の下、『バケモノの子』の作画監督を務めた山下高明氏が描き下ろしたオリジナルイラストをカードフェイスに使用した。【凛々しい表情の熊徹】と、【満天の星空を背景にチコを見つめる九太】という、2種類のカードフェイスデザインを用意した。

また、カード入会特典として、入会者全員にカードフェイスの描き下ろしイラストを使用したオリジナルクリアファイルをプレゼントするほか、『バケモノの子』の複製原画が当たるキャンペーンを実施する。

さらに、同カード入会と同時に電子マネー「iD」に申し込んだ人にもれなく、 熊徹の家をモチーフにしたデザインの「iDステッカー」を先着1,000名にプレゼントするという。

20160715smcc1

 

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop