スーパー「サンコー」がハウス電子マネーシステム「point+plus」を採用(アララ)

2016年7月15日23:39

アララは、ブルーチップとともにスーパーマーケットや中小・小売り店舗を対象とした営業支援事業を行っており、このほど三幸が展開するスーパーマーケット「サンコー」において、ハウス電子マネー機能を搭載した販促支援ツール「point+plus(ポイントプラス)」が採用されたと発表した。

サンコーしあわせプリカ

サンコーしあわせプリカ

三幸は、富山県内に8店舗のスーパーマーケット「サンコー」を展開しており、今回、ハウス電子マネーを採用することで、店舗側でのレジ効率の向上、顧客側に生じる小銭の取り扱いストレスの解消、チャージ額に応じた特典の付与を行い、サービスの強化に努めるとしている。

「サンコーしあわせプリカ」は、発行手数料無料(再発行手数料70円)、年会費無料となる。電子マネーとポイントサービスを兼ね備えたカードで、電子マネー、現金決済にかかわらず、買い上げ200円(税別)ごとに1ポイント進呈。300ポイント貯まるとポイントサービス券を進呈。精算時の利用で、1枚につき300円分値引きする。

また、第一弾となるサンコー野村本店でのサービス開始にともない、7月14日から20日までスタートチャージキャンペーンを開催予定。チャージ額1万円ごとに300円相当のプレミアムバリューを付与するという。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop