MasterCardに3兆円訴訟(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2016年7月20日9:00

英国の消費者がMasterCardを相手に、190億ポンド(約3兆円)の訴訟を起こす動きが出てきた。

 

クロスボーダー取引に課金するインターチェンジ手数料は公正取引に反する、という欧州裁判所の判決が出てほぼ2年。ようやく消費者が動いた。

 

1992年から2008年までの間の取引を考えると、3兆円でも少ないという。消費者が望んでいるのは、MasterCardが違法な利益をあげられないようにすること。

 

クロスボーダー取引にかかる手数料は1%。ネットワークが未整備の20世紀には通用したが、通信ネットワークが発達し高速化した今となっては高すぎる。それにしても3兆円とは恐ろしい額である。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop