3人に1人がカード不正被害(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2016年7月25日9:00

世界では、なんと3人に1人がカード不正被害にあっている。というショッキングなレポートが発表された。

 

調査したのは決済プロセッサーのACIと調査会社のAite Group。世界20カ国の6,000人を対象に調査した。過去5年間におけるクレジット、デビット、プリペイドの3種類のカード不正被害である。

 

世界の平均では3人に1人が不正被害にあっているが、メキシコでは56%と世界で最も高い被害率となっている。ついでオリンピックの開催地ブラジルが49%、米国が47%でつづく。

 

メキシコは2014年対比23%も不正被害率がアップ。ブラジルは19%、米国は6%アップだった。逆に最も被害が少なかったのはハンガリーで9%だった。この20カ国に日本は含まれていない。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop