ライフのポイントカードと一体化した自社型電子マネー「LaCuCa」開始(ライフコーポレーション)

2016年7月19日19:21

ライフコーポレーションは、ライフのポイントカードと一体化した自社型電子マネー「LaCuCa(ラクカ)」による決済サービスを開始した。2016年7月15日により近畿圏の5店舗、7月23日より首都圏の3店舗で先行導入し、8月23日より全261店舗で利用できるようになる。

「LaCuCa」カードは、ライフ各店のサービスカウンターで即時発行。カード発行手数料は100円(税込)だが、2017年8月末まではカード誕生キャンペーンとして発行手数料が無料となる。入会条件は16歳以上となっている。

ライフのポイントカードと一体化した自社型電子マネー「LaCuCa」(出典:ライフコーポレーション)

ライフのポイントカードと一体化した自社型電子マネー「LaCuCa」(出典:ライフコーポレーション)

「LaCuCa」はあらかじめチャージ(入金)した金額内で買い物に利用できる。チャージ上限額は5万円で、1回の入金あたりの最大チャージ上限額は4万5,000円となっている。チャージ方法は現金のみとなり、ライフ直営売り場レジ、サービスカウンターおよび店内に設置されている専用チャージ機で、現金1,000円単位で入金可能だ。なお、セルフレジでは、会計時に発生する残高不足分に限り、チャージが行える。また、最終利用日・チャージ日からの有効期限は5年間となっている。

そのほか、ライフでの買い物200円(税込)ごとに1ポイントを付与。また、「LaCuCaマネー」決済時、300円ごとにさらに1ポイントが付与される。ポイントの有効期限は買い上げ日から1年間。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop