アカウンティング・サース・ジャパンと業務提携基本合意(三井住友カード)

2016年7月26日23:43

クラウド税務・会計・給与システム「A-SaaS(エーサース)」を提供するアカウンティング・サース・ジャパン(ASJ)と 三井住友カードは、業務提携に向けた基本合意書を締結したと発表した。

「A-SaaS」は税理士事務所を通じて全国12万の中小事業者に利用されている。今回の提携は、会計ビッグデータをクラウド上に有するASJの強みを活かし、クレジットカード発行や加盟店契約審査の手続きの早期化および自動化を目的とするもの。

従来、中小事業者(法人・個人事業主)が三井住友カードのクレジットカードの発行を受けようとする場合や加盟店契約を締結しようとする場合、決算書などの複数の財務書類を三井住友カードに郵送し、審査結果を数日間待つ必要があった。このため、中小事業者は、必要となったときに迅速にクレジットカードの発行を受けたり、加盟店契約を締結したりすることが難しいケースもあるという。

「A-SaaS」を利用する中小事業者は、三井住友カードのクレジットカードの発行審査や加盟店の審査で必要となる財務情報を「A-SaaS」内で管理している。それらの財務情報を中小事業者の許諾のもと、三井住友カードが審査業務に活用できる仕組みを構築すること等について、両社の間で協議を進めていく。同仕組みを構築することにより、中小事業者の手続きが大幅に簡素化され、迅速にクレジットカードの発行やVisa/Mastercardの加盟店となることができるそうだ。

さらに、今後、AIやビッグデータ分析の技術をオンライン審査の仕組みに組み合わせることで、従来人手に頼っていたクレジットカード発行や加盟店審査業務を自動化することも可能と考えている。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop