M-Pesaがカードで銀行に対抗(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2016年7月29日9:00

M-Pesaの運営会社サファリコムはモバイル送金決済に加え、デビットカード(プリペイドカード)をモバイルと連携することになった。

 

このカードはNFC非接触決済に対応。POS端末にかざすだけで支払いが完了する。トランザクション件数の多い小額決済がこのカードの対象だ。

 

ケニアでは銀行グループがサファリコムに対抗し、IPSL(Integrated Payments Service Limited)を設立。銀行口座間で送金できるモバイルバンキングサービスをスタートすると発表した。

 

2015年のケニア決済カード市場規模は135億ドル。サファリコムはこの市場へ参入し、モバイルとプラスチックカードで顧客利便性を提供し、銀行との競争に勝とうという算段だ。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop