中国IoT市場12兆円に(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2016年8月1日9:00

ソフトバンクが半導体設計会社のアームを3兆円で買収した。世界中でIoT市場が拡大するとみたからだ。

 

調査会社のマーケッツ&マーケッツ(Markets and Markets)によると、中国の2015年IoT市場規模は110億ドル。これが2022年までに1,214億ドルになると予測した。

 

年間成長率は41.1%という驚異的な伸びである。IoT市場規模にはプロセッサやメモリ、ロジック、センサーというハードウェアや、ネットワークセキュリティ、データ管理、遠隔監視などのソフトウェアが含まれている。

 

中国のIoT経済圏を構成しているのは、シャオミやクォルコム、メディアテック、中国テレコムなど。ソフトバンクの狙いは当たりそうだ。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop