ペイパルがVisaと提携(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2016年8月3日9:00

ペイパルは2015年の再上場後13%も株価を上げている。第2四半期の業績発表で2%も株価が上がったのだ。

 

それは第2四半期の収益が26.5億ドルで、アナリストの予測をわずかに上回ったからではない。Visaとの提携を発表したからである。

 

ペイパル口座から銀行口座へ資金を移動する際、Visaデビットを活用することで、簡単に送金できるようにする。

 

とともに、Visaの非接触決済を受付けるマーチャントで、ペイパルのモバイル決済が使えるようになるのだ。

 

ペイパルがVisaへすり寄ったのか、Visaがペイパルへすり寄ったのか。競合が協業するという図式は、どこかに戦うべきもうひとつの勢力があることを意味している。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop