スーパー「ダイイチ」がハウス電子マネーシステム採用(アララ)

2016年8月1日23:14

アララは、ブルーチップとともに、このほどダイイチが展開するスーパーマーケット「ダイイチ」において、ハウス電子マネー(ハウスプリペイド)機能を搭載した販促支援ツール「point+plus(ポイントプラス)」が採用されたと発表した。

ダイイチは、北海道の帯広、旭川、札幌エリアにおいて計22店舗のスーパーマーケット「ダイイチ」を展開しており、ポイントカードにハウス電子マネー機能を搭載したカード「フレカプラス」、「シニアフレカプラス」(対象65歳以上)の提供を8月1日より全店で開始した。

20160801arara

「フレカプラス」、「シニアフレカプラス」

「フレカプラス」、「シニアフレカプラス」は、発行手数料100円(税込み)で年会費は無料だ。電子マネー、現金決済にかかわらず、買い上げ300円(税別)ごとに1ポイント付与。500ポイント貯まるとギフト券を進呈。ギフト券は、精算時に利用、もしくは、カタログ商品との交換が可能だ。

ハウス電子マネーを採用することで、店舗においてはレジ効率の向上、顧客に対しては会計時の小銭取扱いストレスの解消、チャージ額に応じた特典の付与を行い、お得さを打ち出すことで顧客満足度を高め、再来店を促したいとしている。ダイイチは、会員を対象に、商品ごとのボーナスポイントの提供やシニアフレカ会員限定で通常よりポイントを付与するシニアフレカデーを設けるなど積極的にサービス向上に取り組んでいる。

アララは、地方大手総合スーパーへポイントシステムの提供を行うブルーチップとスーパーチェーンおよび、中小・小売り店舗を対象とした営業支援事業を行うことを目的に2012年12月に業務提携を実施。スーパーマーケットや中小・小売り店舗を対象とした営業支援事業を行っている。

page toppagetop